Aprender
español
学習者向けコンテンツ

頭の中で考えていることを、実際にスペイン語で話すのは難しい

2019.06.27

表現する(expresar)、つまり自分の考えていることをアウトプットする、というのは、実際にみなさんが思っている以上に難しいです。頭の中でいろいろな考えが浮かんでも、それをしっかりまとめて、ましてやスペイン語で表現するのは、とても高度なことなんです! 慣れていないと、うまく相手に伝えられなかったり、話題にできても浅い会話になってしまったり……つまり本当に自分が言いたい・伝えたいことが話せずに終わってしまいます。でも、スペイン語圏のネイティブは自己表現に昔から長けているので、とにかくおしゃべりでガンガン自分の言いたいことを言ってきます。黙っていたら流されてしまったり、本当は自分は違う考えなのに同意してしまったり……なんてことも。単なる友人同士の世間話でのことならまだしも、銀行窓口での手続きや約束事などでこういうことが起こったら大変です。「私はこう思います。なぜなら……」とはっきり相手に意思表示することは、スペイン語を実用する上でとても大切なのです。

 

「おしゃべりな人ほど語学の上達が早い」とよく云われます。おしゃべりな人は、実際に会話しながら自己表現の訓練をしているからです。日本人でも「しゃべり」を武器にしている人が寡黙だなんてことはありませんよね。だから、スペイン語で自分の言いたいことをもっと正確に言えるようにするためには、とにかくスペイン語の会話に参加しましょう。そしてネイティブや他の学習者のうまい言い回しを聞いて、自分のものにしていきましょう。

 

ADELANTEでは受講生のみなさんが自由に自分の意見を発表できるレッスンや特別クラスを提供しております! 特におすすめなのは月1回で開講している100分のディベートクラス。次は7月5日に神戸校で19:30からスタートします。こうしたクラスで自分の意見をまとめて、また意見をまとめるために知っておくべき単語・言い回しを覚えることで、なんとなく見たことはあったけれど自分では使うことのできなかった表現が武器になっていきます! ディベートクラスの詳細はコチラ

 

 

\Ven a ADELANTE, hacemos ejercicios de conversación/