Experiencias 受講生の声

「スペイン語でディベート」クラスの感想

2019.04.10

ディベートの特別クラスを受講した方から感想が届きました。

早速ご紹介しますので、スペイン語でディベート?ちょっとレベル高そう・・・自分の意見を言うことに慣れていないな〜と思っている方、参考にしてください!

 

 

普段スペイン語で自分の意見をきちんと話す機会があまりないのでディベートのクラスに参加しています。

 

初めて参加したときは、「ディベート」という言葉に怖じけづいて、とても緊張しました。「ディベート」と聞くと、あるテーマについて賛成か反対かを決めて、相手を納得させるように論理的に話さないといけないというイメージがありました。それに、相手に反論されないように、説得力のある話ができないといけないもの、とも思っていました。

 

でも、この「スペイン語でディベート」のクラスはもっと楽しい雰囲気で、いろいろなテーマについて自由に意見を述べる感じです。賛成か反対か、はっきり意見を言えればそれでいいし、そうでなくても自分の思うことを自由に話してもいいし、他の人の話を聞いて疑問があれば質問することもできるクラスです。

 

スペイン語をすごくうまく話せないと参加できない、というわけではありません。私自身も言いたいことが上手く言えなくて、先生や参加している人に助けてもらうことがよくあります。言いたいことが言えないと、「勉強しよう!」という気にもなります。

 

テーマは先生が考えてきてくれますが、自分で話したいテーマがあれば「このテーマについて話したい」と言えばOKです。テーマは本当にいろいろで、これまでは、

・SNSについてどう思うか

・ポイントカードは使う?使わない?

・死刑制度についてどう思うか

・学校の宿題は必要か

・制服は必要か

などについて話しました。なんでもテーマになりますし、意見を言おうとすると考えないといけないので、普段からいろいろなことについて考えるようになりました。

 

DELEを受ける方は口頭試験の練習になると思います。自分の意見を表現する・口に出して言ういい練習になりますし、それができればスペイン語での会話も弾むと思います。

 

また、他の人の意見を聞くことで、いろいろな視点に気づけたり、スペイン語の新しい表現を知ることができたりして、新たな発見があります。もっとたくさんの人が参加したら、もっとたくさん発見があると思うので、「ディベート」という名前にレベル高そう、私には無理だなと思わないで、興味のある人はぜひ一度参加してみてください!話す楽しさを感じられます!

 

 

DELEの試験まであと1ヶ月と少し!「最近、スペイン語話していないな〜」という方も是非ご参加ください!

4月〜7月の「スペイン語でディベート」クラス日程はこちらのリンクからご覧いただけます。