Blog ブログ

スペインのSIMカード

2019.08.02

旅行先で必要になるのがインターネット!訪日外国人の方もどこへ行くにも何をするにも、スマホ片手に観光したり移動したりする方を日本でも多く見かけますね。

 

スペインでのネット事情、スマホ事情はどんな感じでしょうか。

フリーのWifiですがこれは日本と同様スペインでも飛んでいます。ですが速度が遅かったりなかなか接続できない所もあるのも現状。美術館や博物館によっては館内で飛んでいるところもあります。

 

バルやレストランによればお店の中で使えるWifiもあります。もしフリーでない場合は店員さんにWifiがあるかどうか聞いてみましょう。パスワードが必要な場合は紙に書いて渡してくれたり、そこに貼ってるよ〜!と場所を教えてくれます。

 

もし現地でSIMカードを購入する場合は携帯ショップへ行きましょう。キャリアですがスペインでも大手3社が有名です。Vodafone(ボーダフォン)、Movistar(モビスター)、Orange(オランジ)です。

 

ボーダフォンは日本人にも馴染みがありますね。昔見たな〜このマーク!と懐かしくなる方もいらっしゃると思います。

 

モビスターは青色、オランジは名前の通りお店のカラーはオレンジです。街中を歩いているとほとんどの街でこの3社は見かけると思います。

 

スペインに着いて街中でもいつでもどこでもネット環境が欲しい!という方はSIMカードの現地調達をおすすめします。弊社のスペイン人ネイティブも「SIMカードは現地で買うのがおすすめ!」と言っています。というのも、自分の持っているスマホでカードが使えるかどうか、購入前に試させてくれるところがほとんどです。買ってから使えない!とならないためにも試してから購入することをおすすめします。

 

お持ちの携帯やスマホにあうものがきちんとわかる方は出発前に購入されても良いと思いますが、いざ購入して到着して使えなかった!という場合や、対応していないカードだった…となればお金ももったいないですし、再度現地で購入する必要があります。

 

ところでこのSIMカード、Wifi、スペイン語でそれぞれなんと言うか確認しておきましょう。

 

Tarjeta SIM(タルヘタ・シム):SIMカード

Tarjeta SIM de prepago(タルヘタ・シム・デ・プレパゴ):プリペイドSIMカード

Libre(リブレ):SIMフリー

Wifi(ウィーフィー)

Wifi gratis(ウィーフィー・グラティス):フリーWifi

Contraseña(コントラセーニャ):パスワード

 

日本語では、Wifiは「ワイファイ」と発音しますが、スペイン語では「ウィーフィー」と言います。ローマ字表記だから「ワイファイ」で通じそうですが、そのままスペインで言うと「なにそれ?」という顔をするスペイン人がほとんどでしょう。

 

カード購入後は特に難しい操作は必要ないので、お持ちの携帯に購入したSIMカードを入れてPINコードを入力すれば使用できます。もし自分で設定等できる自信がなければ、お店の人にお願いしましょう。カードの挿入からコード入力までしてくれます。ただし、スペインなので面倒くさそうにする店員さんがいるかもしれません。笑 

 

夏休みのスペイン旅行やスペイン留学でこれからスペインに行かれる方は参考になさってください!