Blog ブログ

スペインのパエリアお勧め店

2018.11.28

黒いもの、アリオリソースを添えたもの、イカ墨のもの、鴨やカタツムリが入ったもの、野菜がたっぷり入ったもの・・・パエリアは実にバリエーションの多いスペインのお米料理。今回は、スペイン国内のパエリア料理オススメ店、計20軒を一気にご紹介致します.

 

1. バルセロナの 7PORTES(Passeig d’Isabel II, 14. Barcelona. Cataluña)・・・1836年開店の、午前1時まで営業することでも有名なバルセロナのレストラン。人気メニューはParelladaという人が作った、ロブスター、イカ、ムール貝、鶏肉、豚肉とカタルーニャ地方の腸詰め、そして野菜類がふんだんに入ったパエリア。あとは、かつての闘牛士を命名したManoleteというパエリア。海ザリガニと腸詰めのコンビが何ともユニークです。

 

2. サラゴサの ANTONIO (Plaza San Pedro Nolasco, 5. Zaragoza. Aragón)・・・サラゴサの旧市街にある1989年開店のレストラン。ガリシア風で魚介類のarroz bogabanteと、パプリカ入りアリオリソースを添える、野菜とキノコのパエリアが人気。また、こちらのシェフは、アラゴンとバレンシアにあるVal de falcó社の雑穀も好んでお米メニューに使うそうです。

 

3. シウダーレアルの LA ARROCERÍA DE PICÓN (Las Sernas, 2. Picón, Ciuad Real. Castilla-La Mancha)・・・2009年オープンで店内には250席あります。ミックスパエリアと言っても、鶏肉、エビ、海ザリガニ、車海老、イカ、ムール貝、インゲン、ピーマンと牛のスネ肉が入る豪華ぶり。オプションで、ブルゴスの腸詰めやエビとリンゴなどの代わりメニューもあり。その他にもモルシージャとエビのパエリア、アーティチョークとニンニクの芽のパエリア、真っ黒なキノコと豚のあばら肉のパエリアもあります。具材が豊富なため、事前予約は必須です。

 

4. グラン・カナリアの EL ARROSAR (Salvador Cuyas, 10. Las Palmas, Gran Canarias. Canarias)・・・魚介類専門店なだけあり、オプションも20種類ほどあります。豚肉と野菜、ニンニクの芽とイカのパエリアと、鶏肉と野菜のパエリア、汁気の多いカルドーソスもあります。そこにオプションで、ウサギの肉やありとあらゆる魚介類何でも追加できます。お持ち帰りあり。

 

5. バルセロナの ARROZ HOFMANN (Passeig de Sant Joan, 36. Barcelona. Cataluña)・・・今は亡き店主に次いで現在は、娘さんのSilviaさんが営むビストロ。実は料理学校も併設しておられるそうです。メニューは、国際色豊かな12種類のパエリア。なんと日本の焼き飯まであるとか。地中海式パエリアは、腸詰めとインゲン豆、魚介類と生ハム、そしてイカ墨にアリオリソースと青葱を添えたパエージャ・デル・セニョレッをどうぞ。

 

6. バレンシアの LAS BAIRETAS (Prolongación Ramón y Cajar, s/n. Chiva, Valencia. Comunidad Valenciana)・・・ Margós一家が取り仕切るレストランは、松の木を蒔にした火を使っています。鴨とキノコのパエリアと、エビとニンニクの芽、ウサギの肉とキノコ、鶏肉とエビ、海ザリガニ、イカとカリフラワーと鱈のパエリアと大変メニューが多いのが特徴です。

 

7. LA BOMBA BISTROT (Pedro Muguruza, 5. Madrid)・・・フランス人のクリストファ・パイスが自身が勤めていたホテルの、今は無きレストラン La Bomba Rice Bar の再現メニューが置かれているビストロ。仕入れも彼によって仕切られており、アーティチョークとポロネギと鴨のパエリアは本当に美味です(秋にはキノコも加わる)。

 

8. マラガの CANDADO GOLF (Golf del Candado, 2. El Palo, Málaga. Andalucía)・・・フィデワというパスタ方できたパエリアも取り扱う、マラガのゴルフ場内にあるレストランには、15種類ほどのパエリアがあり中でもイベリコ豚の生ハムを使ったものが有名です。

 

9. アリカンテの CASA ELÍAS (Rosers, 7. Xinorlet-Monóvar, Alicante. Comunidad Valenciana)・・・1984年から続くELÍAS一家のレストラン。ウサギの肉とカタツムリのパエリアは少しスパイシー。蒔で作るのでお米に香ばしいアロマが付いて食欲をそそります。席に着くと、先付けとして、アーモンド、ドライトマトパスタ、ニンニクとパンが出てくる面白さ。お客の間では、パティスリーとしても知られているシェフは Luis Rodriguez 氏です。

 

10. ムルシアの CASA HERMINIO (Ctra. Molina-Fortuna, km 7,900. Molina de Segura, Murcia)・・・アリカンテの有名レストランPaco Grandíaで修行したシェフが開いたレストランで、メニューは1つだけ。ウサギの肉とカタツムリのパエリアがオススメ。

 

 

 

 

 

11. バレンシアの CASA JAIME (Avda. Papa Luna, 5. Peñíscola, Castellón. Comunidad Valenciana)・・・バレンシアの海沿いの遊歩道にある代々続くレストランで、スペイン人は海藻をあまり食べないからか、イラクサが入ったパエリアが目玉メニューです。他にもウニや、イカの卵を使ったパエリアもあります。

 

12. マラガの LOBITO DE MAR (Avda. Bulevar Príncipe de Alfonso de Hohenlohe, 178. Marbella, Málaga. Andalucía)・・・オープンからわずか1年のこのお店は、マラガのプエンテロマーノホテルがプロデュースしています。海辺からは遠いものの、200席からなる食堂は、彼ら独自のオリジナルパエリアが満載で7つのオプションから選べます。雛鳥とイベリコ豚のパエリア、骨つきビーフ丸々と鳥だしパエリア、そしてもちろん魚介類とイカ墨パエリアも。

 

13. バルセロナの LA MAR SALADA (Paseo Juan de Borbón, 58-59. Barcelona. Cataluña)・・・バルセロネータでは知らない人はいない、レストラン経営一家であるシッド家。Can Rosを始め、1993年にLA MAR SALADAを開店、2003年にも向かえ側に店を構える勢いの理由は、エル・ブジの有名シェフMarc Singlaがご意見番である事も大きいでしょう。魚介類のセニョレッを迷わず注文して下さい。

 

14. マドリードの PAELLA BY RODRIGO DE LA CALLE (Plaza de San Miguel, s/n. Mercado de San Miguel, Madrid)・・・飲み歩きが楽しいサン・ミゲル市場に店を構えるお米専門店。バレンシアパエリアをチームに分けて作り続けるこのお店はシエスタ時間もありません。美味しさの秘密はなんと昆布で出汁を取っているそうです。

 

15. PARPALLÓ (Avda. Lluis Pericot, 50. La Drova, Valencia. Comunidad Valenciana)・・・1963年オープン。山のパエリアなる、肉と野菜をふんだんに使ったパエリアが名物です。冬時期は、さらにウサギの肉とミートボールも入ります。

 

16. アストゥリアスの QUINCE NUDOS (Avelina Cerra, 6. Ribadesella. Asturias)・・・特別なフィルターをかけてイオン化した海水を使ったパエリアは、絶妙な塩加減。二枚貝のパエリア、イカと燻製チーズのパエリア、クスクススタイルの羊と野菜のパエリアやトリュフとイベリコ豚の頬肉のリゾットなど、豊富な品揃えです。

 

17. EL REDOBLE (Barrio, El Perujo, 8. Puente Arce. Cantabria)・・・15年ほど前からパエリア発祥地であるバレンシアのアルブフェラのお米を仕入れ、カンタブリアの豊かな自然から成る野菜やお肉で作るパエリアは、珍しいウズラの肉と炙ったカラーピーマン入り。

 

18. マドリードの SAMM (Carlos Caamaño, 3. Madrid)・・・セニョレッ以外は、事前予約必須の典型的なバレンシアパエリアのお店。マドリードのチャマルティン地区にあるこのレストランは、アリカンテのパエリアの作り方に忠実に、魚を角切りとイカのパエリア、ソカラットというお焦げがたまりません。

19. アリカンテの LA SIRENA (Avda. de Madrid, 14. Petrer, Alicante. Comunidad Valenciana)・・・アリカンテの有名シェフMari Carmen Vélez の本部センター近くの店。メニューが豊富な事で知られており、季節の野菜や魚介類とお肉が沢山入っています。

 

20. ジローナの TOC AL MAR (Platja d’Aiguablava. Begur, Gerona. Cataluña)・・・カタルーニャ州北東部ジローナ県の海岸沿いに2011年から構える店の、イチ押しパエリアは、もちの木の蒔を燃やして作る香り高い魚介類たっぷりのパエリア。

 

 

お米料理は3種類に分けられます

 

arroz seco、arroz meloso、arroz caldoso この3つが、スペインで鍋で作られるお米料理のスタイルの代表であります。secoは汁気がないもの、meloso はイタリアのリゾットを思い浮かべると良いでしょう。そしてcaldoso は、たっぷり汁があるもの。スペイン人のお米好きは、日本人のそれにも負けないほど。ただ、決定的に違うのは、お米を主食ではなくおかずとして食べていることでしょう。また近年、サラダとしてお米を食べる人も増えています。