Aprender
español
学習者向けコンテンツ

SerとEstarを使い分けよう(中級編)

2018.05.17

ser動詞とestar動詞の使い分けは、スペイン語を話す上でとても重要です。DELE対策や西検対策にもなりますので覚えておくと便利です。以下の文を読んでみて下さい。

 

1. Soy serio.
2. Estoy serio.

 

2つの文の意味の違いは何でしょうか?

 

1.僕は真面目な人間です
2.僕は今、真剣です

 

 

こんなにもser動詞とestar動詞が入れ替わるだけで違う意味になってしまいます。

 

どちらも形容詞と組み合わせて使いますが、ser動詞主語その性質を表し、estar動詞はその状態を表します。

 

幾つかの例を上げてみますと、

 

ser bueno   良い子である estar bueno   美味しい
ser malo   悪者である estar malo   病気である
ser listo   利口である estar listo準備万端である
ser rico  お金持ちである estar rico   美味しい
ser moreno 肌が浅黒い estar moreno 日焼けして                                いる

ser aburrido つまらない                                人である

estar aburrido 退屈で
                               ある

 

となります。

 

また、ser動詞その事がらが行われる場所や時間を表します。一方、estar動詞は、その事がらやものがある場所を表します。

 

1.La boda es en la iglesia de San Pedro, a las once.  結婚式は11時にサンペドロ教会にて行われます。

 

2.La iglesia de San Pedro está en la Plaza de Toledo.  サンペドロ教会はトレド広場にあります。