Blog ブログ

オリーブの花粉症!?

2018.03.30

スペイン語で花粉症は「Alergia al polen」と言います。

 

スペインにオリーブの花粉症があることをご存知ですか?毎年5月になると、口と目が痒く、くしゃみと咳が続き、ひどい時には呼吸困難に陥ることもあるつらい症状ですよね。スペイン南部の5月はすっかり初夏で、アウトドア活動も盛んで、本来なら楽しい時期のはずが憂鬱になってしまうほど、この花粉症に多くの人が悩まされています。

 

 

日本と同様にスペインでも治療法は、抑ヒスタミンをはじめとする飲み薬、ホメオパシー療法、舌下免疫療法、レーザー治療や食事療法など多様です。また、薬局には鼻洗浄用の塩水が売られているのが一般的で、花粉を流し落とす努力をするなど、みんな必死に戦っています。

 

スペインは、世界一のオリーブ生産国であり、オリーブなしではスペインの食事情は成り立たないと言っても過言ではありません。その裏でオリーブの花粉症人口が以外と高いという事は、あまり知られていないのが現状です。ちなみに、スペイン人にはマスクをするという概念がありません。医療従事者でないかぎり、風邪や花粉症でマスクをしている人を見た事はスペインでは皆無です。