スペイン語教室ADELANTE<アデランテ>大阪でスペイン語を学ぶなら梅田にあるスペイン語専門の学校ADELANTE.楽しく一緒にスペイン語を学ぼう!

 
教室について
教室紹介

スペイン語とは・・・

コース案内

体験レッスン

よくあるご質問

受講生の声

イベント

法人向けサービス

スペイン語書籍: Libros
学習テキスト

DELE試験対策本

レベル別副読本

スペイン留学サポート
サービス内容

スペインの語学学校

留学体験談

学生ビザ

スペイン語を習得しよう!
DELE検定

スペイン語技能検定

スペイン語単語集


ひとこと日常会話

ことわざ

スペイン語の映画

講師の日記: Día a día

受講生の日記: Diarios

スペイン&ラテン情報
カルチャー情報

歴史人物紹介

スペイン基本情報

旅の写真集

スペイン料理

スペイン バル&レストラン

ラテン レストラン

フラメンコ スクール

リンク集

スペイン&中南米への留学なら、スペイン留学.jp

スペイン語の本&雑貨 ADELANTE オンライン書店

スペイン・ロマネスク百科事典 / ENCICLOPEDIA DEL ROMANICO EN ESPANA

日本とスペインをつなぐ無料スペイン情報誌 acueducto 〔アクエドゥクト〕

自宅でも本場のパエリアを♪パエリア鍋
パエリア鍋の購入は↑



 TOP >> スペイン語の世界へ 


スペイン語圏の国でボランティア活動
言葉が話せるようになるにつれて、頼りにされるようになり充実した毎日に・・・!

匿名さん


私は、JICA(国際協力)でボランティアとして中米のスペイン語圏の国で2年間生活しました。その間にそこでしかできないたくさんの経験をすることができました。

私がボランティアに参加しようと思った理由は、二つあります。一つは、日本以外の国で生活をして、自分が外国人の立場になってみたかったからです。二つ目は、留学ではなくて、自分の仕事の経験を生かして何かできることはないかと思ったからです。

出発前には、言葉のこと、向こうの生活について、本当に自分に異国の地で働くことができるのかどうか、不安に思うことはたくさんありましたが、やらずに後悔するよりか、やってみて後悔した方ほうがいいのではと考え、だんだんと楽しみな気持ちが不安な気持ちより自分の心を占める割合が高くなっていきました。

到着しても、まだまだ語学に不安はありましたが、初めは、生活に慣れることから、始めました。そんな中で、どうしても自分の物差し、自分の常識でしか物事を考えることができず、苦しい気持ちになったこともありました。向こうで友だちや仕事仲間ができ、言葉を教えてもらったり、私の話す拙いスペイン語に一生懸命耳を傾けてくれたりして、仕事仲間と意思疎通ができるようになってくるうちに、それぞれお互いが違うことが楽しいことに気付かされました。文化、生活習慣の違いなど面白いことがたくさんあって、日本では絶対にできないようなこともたくさん体験することができました。仕事の面でも、仕事に対する意識の違いに悩むこともありましたが、自分に何ができるのか考えていくことで新しい道が開けました。言葉が話せるようになるにつれて、頼りにされるようになり充実した毎日を送ることができました。いろんな事を現地の人たちと一緒にすることによって、家族のように心配してくれたり、生活のことでアドバイスをくれたりして、私の方が学ぶべきことがたくさんありました。

私は行ってよかったなと思っています。
今は、せっかく習ったスペイン語を忘れないようにADELANTEに通っています。
また、機会があれば戻って、友人たちを訪ねたいです。



かつての夢であった海外で働くことが実現!!

海外ボランティアへ参加するため懸命にスペイン語を学ばれている田中さんにお話を伺いました。

                                                (2008年6月12日)
-- JICA(国際協力)に参加しようと思われたきっかけ
退職にも適齢期があってそれは個人個人異なるものと前々から思っていました。後輩の育成のために早期勧奨退職、身近な人の他界、子どもの就職による自立等諸々の条件が整ったように思い、30数年前に1年遊学と放浪に海外渡航したときからの夢であった海外で働くことをJICAのシニアボランティアへの応募で挑戦しようとしました。最初に参加した応募説明会では、偶然出会った人は私の勤務していた職場の方でした。シニアボランティアのOBでもあったその方の応援は私を自然と前向きに押し進めてくれました。

-- ボランティアの活動内容
ドミニカ共和国の首都での建築基準法などの都市計画関連法の法制化に対する助言です。

-- 語学について
かって訪れたスペインではありますが、知っていた単語はgracias(ありがとう)、si(はい)、no(いいえ)の3つぐらいです。ほとんど初めてでした。ボランティア活動に必要なコミュニケーションの最低の手段として言葉は大事です。訓練までに何とか挨拶や自己紹介ぐらいはの思いでした。

-- レッスンについて
スペイン語は名詞等に男性女性の性区分があります。そんなことから生徒には男女がいることは大変有益でありますが、そうした点にも配慮がされています。そして、先生は日本語が堪能ではない点も語学の学習では大いに有効だと思います。生徒が何とかしてスペイン語で話そうとするからです。

-- レッスン以外で上達に向かって工夫されている点や、独自の勉強法
4月から心機一転、できるだけ数多く利用しようと、私的なスペイン語学習をはじめTVやラジオの講座を利用してスペイン語を猛勉強しています。派遣前の訓練に入ってからの学習がし易くなり、任国でスムーズに彼らと会話ができることを願っています。

Copyright©2006-2010 ADELANTE All Rights Reserved.      
 スペイン語教室 ADELANTE 大阪市北区梅田2-5-8千代田ビル西別館F TEL 06-6346-5554    Page Top